Lindsey's life

「あーあ、二人の邪

「あーあ、二人の邪魔しに行っちゃった。甲斐くんと依織さん、今頃イチャイチャしてたりして」 「それはないでしょ。依織の体調が悪いときに、甲斐は手出せないだろうし」 「確かに甲斐くん、そういうところ真面目そうですもんね。でも蘭さんも、二人の恋がうまくいけばいいって思ってますよね?」 「……」 思っていると、素直に即答出来ない自分が苦しい。 私は美加ちゃんのように、純粋に二人の恋を応援することは出来ない。 「……私は、依織が幸せになるなら、それでいいかな」 依織が誰を好きになってもいい。 ただ、幸せそうに笑っていてくれるなら、私はそれだけで嬉しくなる。避孕藥香港 「蘭さんと依織さんの友情って、本当に羨ましいです」 「え……」 「ちゃんとお互い想い合ってるのが伝わってくるので、いいなぁって」 すると、美加ちゃんとの話の最中に青柳が一人で部屋に戻ってきた。 「甲斐は?」 「廊下で電話中」 戻ってきた青柳と入れ替わりで、私は部屋の扉を少しだけ開けた。 すると開いた扉の隙間から、甲斐の話し声が微かに聞こえてきた。「あぁ、楽しんでるよ。うん、うん。そう、今皆で部屋で飲んでた」 元カノと電話で話しているときの甲斐の口調は、私と話すときのものと何も変わらない。 時折笑顔を浮かべながら相槌を打ち、そう長くは話さずに電話を切った。 私は扉の隙間から覗いていたことがバレる前に、室内に戻った。 部屋に戻ってきた甲斐に、青柳と美加ちゃんが元カノのことを聞き出そうとしたけれど、甲斐はあまり話したくないのか軽くあしらい、その後は何か考え事をしているのかずっとぼんやりとしていた。 「ねぇ、甲斐。依織の様子、どうだった?体調だいぶ悪そう?」 「え?あぁ……そうだな。ゆっくり寝かせてあげた方がいいと思う。熱出てたし」 「……依織の不調に、よく気付いたね。私はすぐに気付いてあげられなかった」 「俺も、たまたま気付いただけだよ」 そう言い残し、甲斐は「風呂に入って頭冷やしてくる」と言いタオルを手に持ち部屋を出て行った。 頭を冷やすって……依織と何かあったのだろうか。 それとも、元カノ? 私は、気になったことはそのままにしておけない性分だ。 結局その日の内に甲斐から話を聞くことは出来なかったため、翌日じっくり話を聞くことにした。 翌日になると、依織の体調は少し回復した様子だった。 「蘭にもいろいろ迷惑かけちゃってごめんね」 「迷惑なんてかかってないよ。それより、せっかく温泉来たのに朝風呂入れないなんてかわいそう」 温泉地に一泊した際の醍醐味は、朝いつもより早起きして入る朝風呂だ。 特に朝に入る露天風呂は、何とも言えないほどに胸を躍らせる。 「風邪気味だったわけじゃないんでしょ?」 「うん。多分、最近いろいろ考えなきゃいけないことが多かったから、疲れてたのかも」 甲斐のこと、久我さんのこと。 それ以外にも仕事のことで悩んだり、大人になると学生の頃とは比べようもないくらい考えることが増える。 それが時に自分のキャパを越えてしまうと、昨日の依織のように体に不調が表れてしまうのだろう。 「私、本当にダメだよね。もう若くないんだから、ちゃんと体調管理出来るようにならないと……」 ふと、何かを考える前に体が動いてしまった。 気付けば私は、熱が残る依織の体をそっと抱き締めていた。 触れたい衝動を、抑えられなかった。 触れ合う体から、彼女の熱がダイレクトに伝わってきた。「蘭……どうしたの?」 今、この部屋には私と依織以外誰もいない。 依織と二人きりになる時間なんて、今までも数え切れないほどあった。 そして、これからもそれは続いていく。 だったら、たまにこうして抱き締めるくらいなら、許されると思いたい。 「……依織の体、熱いね」 「やっぱりまだ熱あるのかな。朝起きてからはまだ熱計ってないんだけど……」 「ちゃんと計らなきゃダメでしょ」 こうしている間も、胸が高鳴り続けているのは私だけ。 もし今このまま私が依織の唇にキスをしたら、依織はどんな反応を見せるだろう。 私を突き飛ばして、この部屋を出て行ってしまうだろうか。 それとも、驚きのあまり固まって動けなくなるか。 様々な想像が頭の中を一瞬で駆け巡ったけれど、悲しいことに依織が私のキスを受け入れてくれる姿だけは、やっぱり少しも想像出来ないのだ。 いつも、どんなに想っても、結果は同じ。 私にあと少しの勇気があれば、依織との友情を失う覚悟があれば、今すぐこの唇を奪うのに。 もっと、ずっと触れていたい。 二人きりでいられる時間が永遠に続けばいいのにと、心から願ってしまう。でも私は、そっと依織から体を離した。 いつまでも抱き締めていたら、不審に思われてしまう。 中途半端な行動をしていると、自分でもわかっている。 けれど、抱き締めたいという衝動を抑えることも出来ず、嫌われたくないという気持ちを捨てることも出来なかった。 今の私を久我さんが見たら、何を思い、私に何を言ってくるだろう。 滑稽だと、ハッキリ吐き捨てられるだろうか。 「蘭、大丈夫?もしかして、蘭も具合悪いとか?」 「え?」 「ごめん!私の熱移っちゃった!?」 何を勘違いしたのか、依織は焦ったように私の額に手を伸ばし触れた。 何の躊躇もなく、簡単に触れてくる。 そんなことにいちいち傷つくなんて、私の心はどれだけ弱くなってしまったのだろう。 「大丈夫、私は熱ないから」 「でも、蘭も少し熱いような……」 「私の熱は、体調不良じゃないから。ほら、早く荷物まとめて朝食ビュッフェ行くよ」 それからは、敢えて依織と二人きりの時間を作らないように気を張った。 また無意識に触れたくなって、手を伸ばしてしまったら依織を困らせてしまうだろうから。

彼と出会った日のことを

彼と出会った日のことを、私は今でも鮮明に覚えている。 あれは今から六年前の春。 三年制の専門学校を卒業した私は、視能訓練士として現在の勤め先でもある札幌中央病院に就職した。 勤務初日は、自分の職場に配置される前に新人の同期が全員一ヶ所に集められ研修を受けた。 職種がそれぞれ違う同期が数人いる中に、彼はいた。 「甲斐悠里です、よろしく!」 期指「あ……七瀬依織です。よろしく」 勤務初日に私はとてつもない緊張に襲われ、足が震えそうになっていた。 私は昔から緊張しやすい性格で、小学生の頃は学校で席替えがある度に緊張してしまい、よくお腹をこわしていた。 それは残念ながら大人になっても変わることはなく、勤務初日の前日は一睡も出来なかったくらいだ。 そんな私の緊張が伝わってしまったのか、甲斐は明るい笑顔で私に自己紹介をし、握手を求めてきた。 「深く息を吸って、ゆっくり吐いてみな。少し緊張が和らぐから」 私は戸惑いながらも甲斐に言われた通りに深呼吸を繰り返した。 すると、それまで私に襲いかかっていた緊張が徐々に薄れていくのを感じた。 「ありがとう……少し落ち着いた」 「どういたしまして。なんか、酷い顔してたからさ」 そう言って甲斐は、白い歯を見せて笑った。 眩しい人。 それが、私が甲斐に抱いた第一印象だった。私は視能訓練士として、眼科に配属された。 視能訓練士は、主に視力や眼圧など目に関わることの検査や、視能矯正、目のリハビリを行う。 私が小学生だった頃、祖母が緑内障を患い失明してしまった。 初期の段階で適切な治療を受けていれば失明することはなかったが、祖母が目の不調を訴えたときには既に視野障害が広がってしまっていた。 目が見えなくなったことで、元気だった祖母は次第に衰弱していった。 そんな祖母を間近で見ていたからだと思う。 高校生になった頃には、私は既に視能訓練士を目指すことを決めていた。 仕事は毎日やりがいがあり、日々学ぶことばかりだ。 この仕事を嫌だと思ったことは一度もない。 それは、一緒に仕事に励む同期の存在も大きいと思っている。 同期の甲斐は、理学療法士として私と同じ病院で勤めている。 理学療法士は、一言で表せばリハビリのプロだ。 身体の基本的な動作の回復をサポートする仕事で、身体の構造は隅から隅まで知りつくしている。 全分野に精通している甲斐からいろいろ学ぶことは多い。 反対に私は視能専門のため、そこに関して甲斐が私に意見を求めることもある。 新人の頃から私と甲斐は、互いに励まし合い成長してきた。甲斐の前では、何度も愚痴をこぼした。 何度も弱っている自分を見せてきた。 何度も下らないことで笑い合った。 彼はいつの間にか、仕事の同期という枠を飛び越え、私の大切な親友になっていた。 今までも男友達は何人かいたけれど、こんなにありのままの自分を見せれる友達はいなかった。 きっと甲斐なら、どんな私でも受け入れてくれる。 そんな絶大な安心感と信頼がある。 それは、出会って六年が経った今も変わることはない。 「七瀬、お疲れー」 「甲斐。今から休憩?」 「そ。て言っても、十分だけ休んだらすぐ戻るけど」 この病院の休憩室は広く、様々な職種の人たちが利用している。 甲斐とは休憩が被ることが多い。 「お昼食べたの?」 「今は食べる時間ないから、後でタイミング見てコンビニに弁当買いに走る」 「コンビニ弁当ばっかじゃ、体壊すよ」 「普段は食堂利用してるし」 「甲斐、料理出来るんだからお弁当作ってこればいいじゃん」 何度か同期のメンバーで甲斐の家に遊びに行ったことがあるけれど、その度に甲斐は文句を言いながらも料理を振る舞ってくれる。 酒のつまみが多いけれど、不味いと思ったものは一つもない。 むしろ、作ってくれるもの全部が絶品だった。

詩は目を一瞬輝かせて牙蔵を見た

詩は目を一瞬輝かせて牙蔵を見た。 「はい、あの… 働いてみて、すごく楽しかったんです…!」 「…そう」 「皆さんお優しくて親切で…何より、加代さんが… あ、加代さんっていうのは、お屋敷の家事全般をこなしていらっしゃる方なのですが… 私をちゃんと叱ってくれて、教えてくれて… 買い物したり、お料理したり… 普通の娘みたいに接してもらえて… それが一番嬉しかったんです!」 「…」 牙蔵は何を考えているかわからない目をした。 詩は牙蔵を見て、ちょっと眉を下げた。 「あの…うるさかった…ですか」 詩は、一方的にはしゃいで、自分ばかり話したのを気にしたのだ。 「…いや」 牙蔵はじっと詩を見つめた。 「楽しかったんだなーと思って」 「…っ それは…仕事が出来たから…です。 甘いかもしれませんが、庶民としての生活が…初めてできたから…」 「…戻りたい?」 「えっ…」 「多賀に」 「…」 詩は牙蔵を見つめた。 即答できなかった。 楽しかったーーけれど。 「…それで? お前は多賀芳輝の嫁にでもなるの?」 底冷えのするような冷たい声音に思わず固まる。 「…っ」 牙蔵は少し冷たく見える目で詩を見た。 詩は何も言えず、膝の上でギュッと拳を握る。 「多賀の当主も…お前を気に入ったらしいね」 「…っそんな…」 確かにーー詩にもわずかに、芳輝の過分な好意に違和感を感じた覚えがあった。 緋沙に頼まれている以上に、目を掛けてもらえる雰囲気がーーでもたった1日の出来事だ。 「まさか、そんなことは…」 距離の近い牙蔵の手が、詩の頬に伸びる。 「信継に仁丸に… 沖田龍虎に多賀芳輝か。 …お前の運命は、未来はーーどんなものになるんだろうね」 「…」 冷たい瞳の奥に、わずかに揺らめく光。 詩は、牙蔵の目に、何故か吸い込まれてしまう気がした。 何故かギュッと胸が苦しい。 牙蔵の手は宙で止まりーー詩に触れることはなかった。 「…夕餉を取ってくる。 着替え、ここに置いておく。 半刻したら戻るから」 そう言い置くと、牙蔵は音もなく隠し通路に消えた。 「…」 訪れた静寂ーー詩の心には、伊場から聞いたあの言葉が蘇っていた。 『こんなことをあなたに言うのはおかしいかもしれませんが… 忍がたどるのは、残酷な人生です。 任務とあれば、どんなことでも…。 牙蔵さんは特に、常に高島の殿の密命を背負い、私達7人衆にも、その詳細を明かさない…。 …。 …そんな牙蔵さんにとって、桜さんはーー』 詩は小さく息を吐くと、部屋の隅に置いてあるたらいと手ぬぐいで体をさっと清め、新しい着物に着替える。 ーー牙蔵さん… どうしてこんなに胸が苦しいのか。 自分はどうしたいのか。 自分に何ができるのか。 詩は固い床に座して、静かに目を閉じる。 閉じた瞳の奥。その闇の中、様々な光景が去来する。 初めて見た戦の光景。ーー沖田に囚われた時のことーー多賀の皆さんとのことーー高島でのことーー 竹、梅…緋沙、仁丸、信継の兄弟たち… そして、最後に詩の目の奥に浮かんだのは、無表情の牙蔵と、ニカッと笑う信継の眩しい笑顔だった。 「信継。大儀であった」 信継は殿の信八の前に座し、深く頭を下げた。 「沖田龍虎の首を逃し、申し訳ありません」 「此度はこれでよい。 ヤツらとのこれからの交渉は、全てお前に任せる。頼んだぞ」 「はっ」 機嫌の良さげな信八に、真剣な目で頭を下げる信継。 「飲め」 信八に大きな盃を渡され、なみなみと酒を注がれる。 信継はくいっと煽った。 「いつ見ても惚れ惚れする男っぷりですな」 「信継様に酒だ!徳利では足りぬ。樽でお持ちしろ」 「若様は殿と競えるほど、高島でも一二を争う酒豪ですからなあ」 家臣たちがわいわいと騒ぐ。 信八ははたとまた手を止めた。 「そうじゃそうじゃ。そういえば。 信継に聞きたいことが2つあった」 「…はい」 信継は顔を引き締めた。 「沖田龍虎が女子を乗せて戦場に出たらしいな」 「はい」 「その女子は、龍虎の女子だったのか?」 「…いえ」 「では、あの女子は誰だ?」 信継の喉仏がゆっくりと下がった。 「…父上、恐れながら、もう一つお聞きになりたいことというのを先にお伺いしてもよろしいでしょうか」 信八は一瞬怪訝な顔をしたがーー。 「もう一つか。 もう一つは…、 お前にもようやく足しげく通う女子が出来たと聞いた」 「…はい」 「その女子というのは、まさか仁丸の寵姫と同じ女子なのか」 「…」 信継は目を伏せ、それからゆっくり閉じ、また開く。 「…そのことで折り入って 父上にお願いとお話がございます」 「何だ? ここでは言いにくいことか」 信継は目を伏せ、頭を下げた。 「申し訳ありません。 某にも、心から愛する女子がやっとできました。 その女子は、もはや誰にも渡したくない。 自分の中にこれほど強い気持ちがあるとは思いませんでした。 …今は祝いの席ゆえ、出来ましたら明日。 お時間を賜りたいと存じます」 信八はうむ、と頷く。 「信継。女嫌いなのかとまで噂されたお前の口からそんなことを聞く日が来るとは… 父として嬉しく思うぞ。 どのような話かは知らぬが、楽しみにしておく」 信継はまた深く頭を下げた。 「今宵は存分に飲め」 「ありがとうございます」 信八はがっはっはと豪快に笑う。 信継は一礼すると下がった。 今度は高島の家臣たちや弟たちに囲まれる。 「若様、どうぞこちらに」 「兄上、見事な采配でした」 わいわいと盛り上がる宴でーー信継は次々に盃を受けながら、詩のことを思っていた。

拳を作りたくても力が入らず

拳を作りたくても力が入らず、だらしなく開かれたままだ。「動くのかな…これ」突き付けられた現実に、先程の照れはどこかへ行ってしまった。「…多分、もう剣は握れん」しばらく見つめていると、横から声がした。視線だけ動かせば、子宮內膜異位まともに障子を開けて入ってきた山崎の姿。山崎は新しい包帯を持ってきたのだ。無表情に言った山崎だったが、本心は感情を表さないように必死だった。「包帯、変えんで。起きれるか?…ちなみに、心配せんでも俺も見てるから気にせんとけ」「山崎さんは何でも出来るんですね。…お願いします」紫音はため息まじりに言うと、山崎の手を借りて上半身を起こす。 山崎は自分に恥ずかしさを見せない事に少しへこたれながらも紫音の肩に巻かれた包帯を手際良く解いていった。「まぁ密偵やからな」「ふふ、流石です。………本当ですか?」その問いに、山崎の手が一瞬止まる。傷口に張り付けた布地をゆっくりとはがし、山崎は立ち上がった。「…見ぃ」手には鏡。紫音はゆっくりと鏡に写る自分を見た。右肩にある生々しい傷。そこを中心に不自然に赤黒く盛り上がっていて、白い肌の中、異質な腫れが目立つ。傷をじっと見てる紫音に、山崎は正直に話す。「医者の見立てでは、日常生活にも多少の支障が出るやろうて言うとった。剣どころやないんや」「…そうですか」淡々と返す紫音に、眉を寄せる山崎。現実を突き付けたのは逆効果だったか?と悩んだものの、気を取り直して処置を再開した。「山崎さん」「………何や?」「寝てないんですか?」「は?」何を言い出すんや、こいつは…。正直に答えるならばほとんど寝てない。下手人探しに情報収集。時間を見計らい、紫音の様子を伺いながら包帯を変えに来る。紫音が目覚める今日まで、合間の居眠りが唯一の安らげる時間だった。「少しは寝て下さい。自分の始末は自分でつけますから…」その言葉に、山崎は思わず怒鳴った。 「つけんでいい!あんたなぁ…少しは自覚しぃ!!」言われた一言に、紫音は俯き、また手を見た。うまく力の入らないこの手でどう始末をつけられるというのか…そんな様子の紫音を見て、山崎は言ってしまった一言を後悔した。自分を気遣って言った言葉だとわかるのに、また怪我されたらと思うと我慢ならなかったのだ。「…悪い。睡眠不足で気ぃたってんねや。心配せんでもあんたが目覚めたおかげで今日は休みや。今は体治す事に専念しぃ」「…ありがとうございます」それから、二人の間に会話らしい会話はなくなり、処置が済むと山崎は無言のまま出て行った。また一人きりになった紫音は深いため息をつき、横になる。今は体を治す事…その通りだと自分に言い聞かせながら…。完成した着物、実は既に下見は済んでるんだ。だって自分で先に確認しておかないと、自信持って相手にあげられないでしょ。というか僕がこんな事思ってる時点で…おかしいよね。まぁいいさ。この着物、早く着せてみたいな。「誠に申し訳なかった!」久々に顔を見たと思った瞬間、その顔は伏せられた。突然現れ、入るなり土下座した斎藤に、紫音は思わず固まる。

この感覚は知っている

この感覚は知っている。自分がいないようでいる、この感覚。いらないと願い続けているあの能力(チカラ)。『…誰の…』未来なのか、過去なのか、まだわからない。紫音は光の方に、見えない腕を伸ばした。一筋の光はパッと消えたかと思うと、避孕藥副作用疑問、田園風景があたりに広がっていた。その中に、小さな男の子が泣きながら手を引かれているのが見える。『………沖田、さん?』これは過去だ。小さな男の子はきっと沖田さん…そう、どこか面影が残っている。姉の輿入れなのだろう、幼い沖田は、姉の輿が見えなくなるまで泣きつづけた。根性のある子供だ。沖田らしいと思い、紫音は柔らかく微笑んだ。過去を見る時、本人の強い思いがあればあるほど鮮明に広がる。それは驚く程自然に頭に残るのだ。近藤との出会い…詩衛館での出会い…初めて来た京…初めて人を斬った日…そして…『私との仕合…』過去に自分がいるのは初めてだった。何だか気恥ずかしいような…そんな気持ちになる。が、次に広がる光景に紫音は言葉を失った。その情景の中、愕然とする紫音の体はガクガクと震えだす。『…どうして…どうして!?嫌だ!!見たくないっ!!』そう、それは沖田の未来だった…。これから起こる事件から沖田の辿る死まで…ブンブンと頭を振りながら、紫音は何とかみないようにする。だが、目を閉じてもその情景は、確実に紫音の中で広がった。『…何で…どうして!?見たくないの!!私は…見たくない…』早く目を覚まさなければ…死んでてもいい、生きててもいいから…自分の意思もなく見るのは栄太郎で最後にしたかった。それなのに…逃れようとしても続く情景は、次々に入り込んでくる。沖田の未来が。そしてそれに関わる人間たちが。 その中に見える死さえも鮮明に。かと思えば、沖田ではない他の人間の未来に変わる。近藤さん…山南さん…山崎さん…………左之助…!次々と広がる情景に、紫音は身もだえた。知った顔の最期が消えない。なくした筈の涙が溢れてる気がした。『嫌…嫌…誰か………』助けが来るなんてありえないのはわかっているのに、求めてしまう。やがて周囲はまた真っ暗になる。しかし、今度は自分の体がしっかりと見え、紫音はずりずりと座り込んだ。『こんな能力…いらないのに…』ぽつりとそう呟いて、紫音は両手を見る。掲げるようにしたその手に、黒冴が現れた。ズシリと感じる重みに、紫音は冷静さを取り戻す。『許されはしないのね…』頬に触れると、涙はなかった。やはりなくしてしまったのだと悲しそうに微笑む。『私は…私の罪を償わなければいけない…』紫音はしっかりと黒冴を握りしめ、立ち上がる。黒冴で周囲を斬れば、血に染まった道が伸びていた。一瞬だけ、足を踏み出すのを躊躇したが、唇を噛んで足を前に出す。振り返れば見えるだろう未来を決して見ずに、紫音は歩きだした…。知りたくもない他人の行く末を知ってしまった。でも私はそれを背負わねばいけない…。それがこの能力を持つ私の生きる意味なんだ。決して死に逃げられない…逃げてはいけない…この手で殺めたたくさんの命の為に。紫音が過去と未来の情景の中をさまよっている頃。まだ姿を見せぬ太陽のわずかな輝きを背に、新撰組を訪れる男がいた。 栄太郎である。

「行ったら、ちょうどあの人が一人で飲んでたの

" 「行ったら、ちょうどあの人が一人で飲んでたの。しかも、私の隣」「凄い偶然だね。でもどうしてそんな嫌そうな顔してるの?」「……別に。ただちょっと、苦手なタイプっていうか」「え?本当に?」 蘭とは付き合いが長いから、どんな人が苦手なタイプかは私も理解しているつもりだ。まず、店員に横柄な態度を取避孕藥副作用。それから、不潔な人。食事の食べ方が汚い人や、女性のことを見下している人。恐らく、久我さんはどれにも当てはまらないと思う。「何ていうのかな……話してて思ったけど、いろいろ鋭いんだよね。多分あの人、私と同じドSタイプだと思う」「え!そうなの?そんな風には見えないけど……」私の知っている久我さんからは、ドSな一面が少しも想像出来ない。蘭は一体、久我さんとどんな話をしたのだろう。ここまで蘭を不機嫌にさせるなんて、何かよっぽどのことがあったに違いない。そう思うと、何があったのか知りたくなってしまう。「蘭、久我さんに何か嫌なことでも言われたの?」「嫌なことは言われてない。ところで依織はさ、久我さんのこといいなって思ってんの?連絡先交換したんでしょ?」" " 久我さんと連絡先を交換したことは、私の口からは蘭に話していない。 それでも蘭が知っているということは、昨日久我さんから聞いたのだろう。「うん……何か話してみると、意外と共通点が多かったの。いろいろ話も振ってくれて、食事は結構楽しかった」理想の恋の相手は、こういう人なのかもしれない。私の目を見て話す久我さんを見つめながら、ぼんやりと思ったのだ。もしも次に恋をするなら、同じ価値観の人がいいと思っていた。「でも、まだ一回食事しただけだから。お互いのこと、まだ何も知らないようなものだし」相手のことを深く知らずに交際に発展することは、望んでいない。遥希と付き合い始めたときも、告白されてから付き合うまでに時間がかかった。 よく言えば、慎重。でも悪く言えば、私の行動は自分のことしか考えていないものなのかもしれない。 「あの人、言ってたよ。依織からのメールの返事は素っ気ないって」「……」「でも、今はそれでいいんだって。どうにかして振り向かせたくて必死みたいよ。あんた、凄い好かれてるよね」久我さんが私に好意を抱いてくれていることは、最初からわかっていることだ。だとしても、第三者の口からその事実を聞かされると、急激に恥ずかしくなってしまう。"" 「それで余計なことかと思ったけど、甲斐の存在、久我さんに話しておいたから」「え?」「依織には、私と同じくらい深い仲の男友達がいるんですよって。しかも、職場の人気者」「ちょっ……!」「安心して、あんたと甲斐がヤっちゃったことは言ってないから」別に甲斐の存在を久我さんに隠しているわけではないけれど、私の口から甲斐の名前を出したことはなかった。勝手なことをする蘭には、怒る気にもなれない。私と久我さんがもしこの先親しくなれば、甲斐のことは自然と向こうも知ることになるだろう。「何か話してる内に久我さんにムカついてきちゃって。少しぐらいダメージ与えてやりたくて、甲斐の名前出してやったの。ごめんね」 蘭は私にごめんと言いながらも一切悪びれることなく、早めに仕事に戻らないといけないと言って私より先に休憩室を出て行った。結局、蘭は昨日久我さんとどんな会話をしたのか。なぜあの紳士的な人にムカつくようなことがあったのか。私が知りたいことは、何も話してくれなかった。" 「俺も……最高」「どうしよう……私、また……」「じゃあ、一緒にイク」甲斐の手が、私の手に絡みつき繋がる。「わ、笑わないでよ」「いや、バカにしてるとかじゃなくて。……良かった」「え……」耳元で、甲斐の寝息が聞こえる。そのリズムが私には妙に心地よくて、私も続いて眠りについた。「七瀬……」

美しい輝く肌への4つの最も強力な方法を発見してください

美しさは裏返しから始まります メディアで目にするすべてのトップモデルを見たことがありますか。あなたが彼らにその輝く美しさのすべてがどこから来ているのかを尋ねるとしたら、あなたは彼らがあなたに何を言うと思いますか?ほとんどの人は、スキンケア製品のスパなどに$$$千を費やしていると言うでしょう。あなたが彼らに尋ねるとしたら、彼らはあなたに別の話をするでしょう。 彼らのほぼ全員が、ダイエット、ライフスタイルの選択、運動、スキンケア製品の順で特に注意を払っていると言うでしょう。 ライフスタイルの選択 これはあなたの食事療法と同じくらい重要です。質の高い休息と睡眠のパターン(私の「美容休息」が必要なことはご存知でしょう)は、朱古力瘤經痛 それが真実であると言っているだけではありません。睡眠は体が再生するときです。アルコール、薬物(合法および違法)、態度、感情の回避は、体内のすべての細胞の自然な調和と振動のバランスに影響を与えます。調和すればするほど、健康になり、活力が増し、肌と体のアンチエイジングが促進されます。 運動 適度なストレスのない運動。すべての体の動きに焦点を当てます。利点は、細胞へのより多くの酸素とより強力な免疫システムです。細胞内の酸素が体と皮膚を老化させるフリーラジカル活動を止めるので、あなたが運動するとき、強力なアンチエイジングが起こります。 スキンケア商品 最後の3つのステップで健康について話しましたが、それだけではありません。どんな用途でも健康的な成分に基づいたスキンケア製品。多くの人々はその単純な声明を無視し、避孕藥副作用迷思 事実よりも誇大宣伝に基づいて宣伝されているスキンケア製品を使用しています。 それらのほとんどは化学ベースです。それらの成分はそれらの健康状態に関して規制されていません、実際それらのいくつかは全く危険です。これが例です。パラベン。この化学物質は、防腐剤として多くのスキンケア製品に使用されています。パラベンは、女性の乳がんと直接関連しています。 「疑わしい」とラベル付けされたものはさらに20個あります。 純粋な天然スキンケア製品は栄養素が豊富で健康的ですが、より多くの費用がかかる可能性があります。体と皮膚の健康は、あなたがそれらに与える栄養素に直接依存しています。体は、口と皮膚の2つの方法で栄養素を変換することができます。したがって、あなたがあなたの肌に置くものはあなたの健康にとって最も重要です。これらの簡単な手順に従って、友達の羨望の的になりましょう。

「私、甲斐の優しさに甘えた

" 「私、甲斐の優しさに甘えた。遥希と別れて、本当は寂しくて……だから、私に同情してくれた甲斐を利用したの」今は、性欲を何よりも優先してしまったことを後悔している。甲斐に合わせる顔がない。 甲斐はきっと、私に失望したに違いない。「……お前さ、俺が同情でお前を抱いたと思ってんの?」 「え……だって、そうでしょ?」甲斐が私を抱いてくれた理由なんて、それぐらいしか思い当たらない。 「もしかして昨日俺が言ったこと、朱古力瘤 いとか?」「甲斐が私に言ったこと……?」甲斐の意外と筋肉質な身体、愛されていると錯覚しそうな優しい愛撫、情熱的なキス。覚えていることは沢山ある。でも、甲斐が与える刺激があまりにも気持ち良すぎて、何を話したかは全く思い出せそうにない。 すると甲斐は盛大な溜め息をつき、恨めしそうに私を見た。「いや、最初からこんな簡単にうまくいくとは思ってなかったから、別にいいんだけど」「何の話?」「……まぁ、今はこれでも十分か。今俺が焦ったところで、結果は目に見えてるようなもんだし」甲斐はまるで独り言のようにブツブツと何かを呟いている。私には、さっぱり意味がわからなかった。"" 「甲斐……本当にごめん。やっぱり怒ってる?」「怒ってるっていうか……お前のその想像力に驚いてる。とりあえず、飯食お。話はそれからだな」そこでひとまず話は中断し、私たちは並んでキッチンに立った。私が米を研いで炊飯の準備をしている間に、甲斐が朝食の卵焼きを上手に焼いていく。「さすが甲斐、手際いいね」「これぐらいお前も作れるだろ。子供のときからずっと家事やってきてるんだから」「そうだけど、別に料理に自信があるとかじゃないし」甲斐は卵焼きの他にも、わかめの味噌汁と小松菜のゴマ和えを朝から作ってくれた。 もっと冷蔵庫に食材が入っていれば何でも作れたのに、冷蔵庫の中はヨーグルトや納豆など毎日食べるものしか入っていない。「いただきます」「いただきます!」三十分後、炊きたてのご飯と甲斐が作ってくれたおかずがテーブルに並ぶ。こうやって誰かと一緒に朝食を食べる感覚は懐かしい。 遥希がこの家を出てからは一人の食事に慣れ始めていたけれど、やっぱり一人よりも二人の方が断然いい。いつもと同じようなものを食べていても、美味しさが全く違う気がする。"" 「今日から連休か。七瀬は何か予定あんの?」「今日は部屋の大掃除をやって録りためたドラマを見て、明日は蘭と朝からスーパー銭湯に行って岩盤浴入るの。明後日は実家に帰って、家族でどこかドライブに行こうかなと思って」五月の連休はきっとどこに行っても混んでいるだろうけれど、家でダラダラ過ごす気にはなれなかった。もともとインドア派の私は、家でマンガを読んだりゲームをしながらのんびり過ごす休日が好きだ。でも、遥希と別れてからは、家に一人でいると考えなくてもいいようなことまで考えてしまう。 だから、無理やり予定を入れるようにしたのだ。「へぇ、家族でドライブとかいいじゃん」「たまには、親を労おうかなって。甲斐は?どこか行くの?」「俺も一応実家には帰る予定。中学の同窓会やるらしいから」甲斐の実家は、北海道千歳市にある。札幌からは、車で約一時間ほどの距離で行ける街だ。「同窓会とかいいなぁ。中学の友達と今もずっと繋がってるんだね」「まぁ、何となく」そのまま甲斐との会話は進んでいき、楽しい朝食の時間を過ごすことが出来た。その後は甲斐も一緒に、もずくの散歩に付き合ってくれた。"

美容の専門家が共有するシンプルで簡単なメイクのヒント

女性にとって、毎日の仕事の準備は、特にシャワーを浴びたり、化粧をしたりするなどのすべての準備をするのに十分な時間がない場合、本当に挑戦です。メイクが苦手な方は、見た目が青ざめたり、メイクをやりすぎたりしないように、もっと時間をかけなければならないので、特に大変です。 美容の専門家の助けを得るのはそのような利点です。この分野の専門家と見なされている人々から美容とメイクのヒントを得るのは本当にそうですが、準備に費やす時間は半分になります。これらのシンプルで簡単なメイクのヒントを使用すると、それをすばやく行うだけでなく、避孕藥月經調經 少ない労力で完璧に行うことができます。 4つの重要な領域と見なされるものに焦点を合わせてください。まず、保湿する方法を知っています。きれいな顔が必要です。つまり、洗顔と保湿です。第二に、基礎を置く方法を学びます。肌のトーンさえ必要な部分に特別な注意を払いながら、肌に合ったファンデーションを軽くたたきます。次に、マスカラで作業します。その明るい目を達成するためにマスカラであなたの目を開いてください。そして最後に、口紅を塗ります。唇にぴったりの色を塗ってください。夜は大胆に出かけましょう。ちなみに、ある美容ブロガーは今シーズン人気のリップカラーであるオレンジに絶賛しています。 それは基本的にあなたがシンプルで簡単なメイクのために知る必要があることです。朱古力瘤 ただし、家を出るときにもっと探索して、どのように見えるかをもっと遊びたい場合は、メイクのヒントをさらにいくつか学ぶこともできます。その照らされた目を達成するために、あなたの目の下に桃色のコンシーラーを使用してみてください。オレンジ色のトーンはどんな暗闇も打ち消すことができるからです。 新しいファンデーションスティックを試すこともお勧めします。ファンデーションスティックで肌を完璧に均一にします。頬骨の下、眉の上、鼻の下に太い線を引き、指でなじませます。ブレンドする前に手に保湿剤をこすりつけると、しっとりとした仕上がりと軽いカバー力が生まれます。

女の子のための美容のヒント-夏の秋冬への切り替え

美しさは、女の子が外出できないものの1つです。彼らは彼らをより美しくするために顔と体にすべてを試みます。朱古力瘤檢查 美しさと女の子だけでなく、スキンケア製品も密接に関係しています。スキンケアだけでなく、化粧品の専門家が、夏のルックを秋/冬に変えるために女の子に美容のヒントを提供します。 無数の美容製品を女性に提供している専門家はたくさんいますが、その中から最高のものを選ぶのは非常に難しくなります!市場に行き、あなたの顔に最適なメイクアップカラーを購入することは非常に困難です。古典的に、あなたが不思議に思う色を探すとき、それはあなたが毎日化粧品のハンドバッグから手に取っているそのような色です。 季節は変わりつつあり、季節の変化に伴い、化粧品の専門家は、女の子がチャンスをつかんで自分の表情を試すべきだというアドバイスをしています。今シーズン大胆なことを試してみませんか?メイクを大胆に!今回は、夏のスポーティで太陽にキスしたような柔らかな外観を出す代わりに、メイクアップ方法でより大胆な色とさまざまなアイシャドウを使用する美容のヒントを試してみてください。秋冬シーズン。 今シーズンは大胆に! 専門家によると、大胆な唇や大胆な目は、この秋の素晴らしいアクセサリーです。いくつかの機能を選択して定義します。ベリートーン、赤、プラムなどの大胆で明るい色は、唇にぴったりです。インディゴ、チャコール、オニキスなどの濃い色合いは、実際に群衆の中で目を引きます。これらは、次のシーズンに変更するために考慮すべきいくつかの美容のヒントです。 大胆な唇と目の色は、この秋の季節や休日の夜のパーティーにぴったりです。活気に満ちたメイクアップは、秋冬のワードローブでよく見られる、より暗くて重い衣類のラインを相殺します。ですから、色に勇気を出し、船外に出ないように注意してください。藥性子宮環 これは女の子が化粧をする前に取らなければならない注意です。 1つの特徴を強調する:唇または目を選びます。両方の機能を深く定義すると、不自然で圧倒的な印象になります。そのため、両方の機能を過度に構成することは避けてください。リアルでゴージャスに見えます。 秋冬は、女の子が最高の機能を定義するときに最新のものを試すことができる1年の時期です。常に創造的であるだけでなく、楽しんでさまざまな色で遊んでください。大胆で明るい色で、女の子は自分の発言をすることができます。 あなたがメイクをするとき、あなたの目や唇がすでにハイライトされているとき、赤面がたくさんあるメイクで重くなり過ぎて見える必要はありません。しかし、額、頬、あごにブロンズパウダーを軽く塗ると、日光浴をするのに最適で、一年中完璧です。

公正のための美容のヒント

くすんだ肌が最も美しい外見を台無しにしているのは事実です。これは明白な論理であり、パウダーを顔の上に置いていつも新鮮に見えるようにするために、くすんだ肌を修正するときがきました。くすんだ肌に対処するために、以下のいくつかの手順の概要を説明しました。あなたの目とあなたの美しさを喜ばせる、いつまでも輝く肌のためのステップを試してください。 卓越性は神の永遠の寄付です。素晴らしく可愛らしいボディは、心の歓びと充実をお届けします。男性も女性もこの繊細な視点をとても心配しており、この壮大さを好奇心旺盛に準備する必要があります。それにもかかわらず、男性よりも格別の注意を払う必要があるのは女性です。シルクのような滑らかな肌から、繊細な唇、巨大な魅力的な目、きらめく髪まで、体のあらゆる面が非常に維持されなければなりません。驚異的な配慮は、常に若々しいままでいるために重要であり、したがって、すべてから尊敬を得ることができます。 保湿: 毎日少なくとも8杯の水を飲むようにしてください。 1日2回または3回保湿されるので、私たちの肌にとって最も重要な部分です。また、夜間に保湿剤を塗布して、お肌に栄養を与え、自分のお手入れをすることもできます。 水分補給: 大量の水を飲むことは、皮膚への血液の通過を維持するための良い方法です。それはあなたの色の顔色をより美しくし、あなたが脱水状態から抜け出ているとき、輝く肌は明白です。 レモンマスク: レモンは自然な皮膚の漂白と洗浄特性を持っています。日焼けによる皮膚の日焼けを取り除くには、常にレモンの使用をお勧めします。レモン汁を絞り、顔にやさしく塗るだけです。目に入らないようにしてください。 15分後に洗い流すと、最良の結果が得られます。肌が乾燥していると感じた場合は、ハチミツやコーポレートオイルを使って、水分を保湿してみてください。 タマリンドパルプ: このタマリンドパルプを使用すると、顔の死んだ皮膚や死んだ細胞を取り除くのに役立ちます。抗酸化物質のビタミンと繊維が豊富なので、死んだ皮膚の除去に役立ちます。汚れや不純物をふき取って、お肌の奥までキレイに落とします。 トマトとピーチのパック: ピーチはミネラルとビタミンが豊富で、顔に輝く肌を与えます。あなたはこの果物を良い輝く肌のための家庭薬として使うことができます。あなたがしなければならないすべては、トマトと桃とあなたの顔に混合物を適用することです。それを20分間そのままにし、顔の最悪の状態で軽い水と皮膚の影響を与えます。

COVID-19から保護するための洗浄と衛生のヒント

コロナウイルス病(COVID-19)を食品から捕まえることができますか?今どのように洗濯したらいいですか?家族が愛する人の安全と健康を保ちながら基本的なことをすべてやろうと取り組むにつれて、平凡な家庭の仕事は不確実性と不安の源になりました。  顯赫脫髮成因香港 ウイルスに関する広範囲にわたる誤った情報は、すべての人を危険にさらし、フィクションから事実を除外しなければならないというストレスを増大させます。會計報稅  COVID-19ウイルスの研究が進行中ですが、ウイルスは感染した人の呼吸器の飛沫と直接接触して(咳やくしゃみを介して)、ウイルスで汚染された表面に触れることで感染することがわかっています。 ウイルスは表面で数時間から数日まで生存する可能性があります。良いニュース?簡単な消毒剤はそれを殺すことができます。これはあなたの家にとって何を意味しますか? 保護者の方の助けとなるように、COVID-19について知られていることに関する最新の専門家情報と、それを家に持ち込まないためのヒントをまとめました。

若者のための経済的なヒント

それに直面してみましょう、私たちのほとんどは、若いときにお金をあまり気にしないことになります。そして、それは残念なことです。なぜなら、あなたがお金を取り置き始め、適切な方法であなたの財政を管理することができる絶好のタイミングだからです。pico laser 香港 そうは言っても、それは時間のかかる状況ですが、素晴らしい結果をもたらすこともできます。ここでは、若者が財政を管理する方法を改善するのに役立つヒントをいくつか紹介します。あなたの費用を制御する方法を学びます若い人があまりにも多くを使うことは本当に簡単です。これらのことが起こり、あなたができる唯一のことは、忍耐力を持ち、目の前の状況に集中することです。適切な予算なしで支出すると問題が発生する可能性があることを理解する必要があります。そのため、予算を立てて費用を抑えることが非常に重要です。暗い時に備えてお金を用意してください。その場合、あなたができる唯一のことは緊急資金を開始することです。あなたがしたくないのであれば、あなたはたくさんのお金を脇に置く必要はありません。しかし、暗い時期にいくつかを持っていることは確かに報われるでしょう。税金を処理する税金の処理は非常に重要です。なぜなら、あなたが望む最後のことは、未払いの税金を持つことです。それが、ここで最も重要な側面です。税金を管理し、すべてが確実に支払われるようにする方法を見つけることです。退職のための貯蓄あなたの退職のための貯蓄は常に重要な側面であり、それは時間内に完済する可能性を秘めています。今少しだけ脇に置いても、それは長期的には役立ちます。安全のために、常に何かを脇に置いておくことを忘れないでください。それは価値があるだろう。早い段階で投資する投資を増やすほど、見返りを得ることができます。賢明な投資は大きな成果をあげるものであり、このように時間が経過するにつれて、財政を処理するのがより簡単になります。優れた投資は常に価値がありますので、賢明に投資することをためらわないでください。健康を大切にしてください健康でないと、蓄えておいたお金をすべて楽しむことはできません。あなたができる最善のことはあなたの健康を大事にし、あなたがどんな問題についても心配する必要がないことを確実にすることです。あなたの健康を賢く扱うことは重要な側面であり、あなたがそれを正しく行えば、それは多くの助けになります。避孕藥 appledaily 請教醫 覚えておいてください、あなたの健康を大事にすることはあなたの人生を楽しむための新しい方法を発見する可能性があり、それは非常にうまくいきます。時間をかけて新しいオプションを積極的に模索する方法を見つけることは、常に重要なことです。新しい金融の機会を模索することになると、明らかな課題があります。しかし、これらのヒントを使用することは多くの助けとなり、あなたが使う方法をより細かく制御できるようになります。驚異的な経済的メリットがいくつかあるので、時間をかけてください。結果自体は非常に印象的です。